ゴクゴク飲めるスークのチャ

紅茶屋ピンカートンズスークのいろんなお知らせブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 スークのクリスマス/シュトレン

merry シールweb
Stollen
PICT0060_convert_20131109163017.jpg PICT0978_convert_20131109163122.jpg
スーク特製シュトレン店頭にて好評発売中です。
1本1.800円  1/2本950円
「少しずつのつもりだったのに1/2本は、すぐなくなっちゃったあ」と言って
新ためて1本を買い求められる方もいらっしゃいます。ありがたいことです
スークのシュトレンを未体験の方は、ぜひお試しください。

まずクリスマスの準備は、シュトレンを焼くことから始まります。
スークのシュトレンは、おかげさまで好評をいただいているようです。
毎年レシピの見直しをしながら3年目となります。

シュトレンは、ドイツの伝統的なクリスマス菓子です。
クリスマス数週間前から、薄く切って、
一日一日クリスマスに思いを馳せながら食べるお菓子です。
日本でもすっかりお馴染みです。でも、伝統菓子なので、
素朴な味わいが何回も食べるうちにちょっと飽きてしまうことも
あるようです。日本での感覚の違いもあるでしょう。
そういう私ももう少しこんな味だったらと思うこともしばしば
あります。そんなところをスークなりにレシピに活かし、飽きずに
程よいおいしさを楽しめるシュトレンに焼き上げたつもりです。
ほんの少し仕込みの様子をご覧ください。

PICT0051_convert_20131102124433.jpg アンザッツの仕込み 〜 発酵させます。

PICT0052_convert_20131102124616.jpg クリーミングの仕込み

PICT0053_convert_20131102132655.jpg クリーミング、全粒粉入り小麦粉にアンザッツをちぎっていれる。

PICT0054_convert_20131102132812.jpg PICT0055_convert_20131102155241.jpg
本生地が出来たら、まとめて発酵

PICT0056_convert_20131102155345.jpg
夏に仕込んでおいた漬け込みフルーツ、そしてアーモンド、くるみを
混ぜ込み、分量に分ける。
さらに棒状のマジパンを巻き込み成形

PICT0972_convert_20131102155506.jpg  PICT0562_convert_20131102155615.jpg
しっかり目に焼き上げ、熱いうちに焦がしバターをたっぷり塗り、
グラニュー糖をふりかけ、さらに粉糖で仕上げる

PICT0058_convert_20131102160122.jpg
11月中旬の発売日まで少し寝かせます。
そうすると粉糖にバターが染みてきて甘さの余韻が生まれます。
パサつかず程よい固さとおいしさを感じるシュトレンを目指しました。

スークでの菓子作りは、失敗をしながら経験とイメージを上げていくやり方です。
焼き上がった菓子にも材料にもレシピにもそれを作る自分にもそしてお客様にも
謙虚でありたいと思っています。
おいしいとそれだけでニコリとしてしまう、そんな リラックスrelaxを
また明日からもお届けします。


PINKERTON'S SOUK All Rights Reserved.











HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。